『Smart Cube』は既存建築物に後付けで設置する最新のエレベーターシャフトです。
集合住宅では空室対策・資産価値の向上・バリアフリー対策として、教育施設では給食配膳用縦動線としての計画も可能です。
現場に応じた最適設計が可能となり、 コストパフォーマンスにも優れております。

既存建築物とはエキスパンションジョイントでつなぐ方式を採用しており、構造上既存建物への負担は増えません。
また、柱・梁のない壁式構造を採用することにより鉄骨構造に比べ建築面積が大幅に小さくなります。

本工法には従来のPC構造にあった緊張作業がありません
その為、組立て時の危険性を大幅に低減しています。
製品は指定工場で製作するため、安定した高品質を確保しています。
現場ではブロック状の製品を積層し、機械式継手で接続するシンプルな工法です。
組立ては最短3日間で完了。
外部足場も必要なく、地域住民を含めた利用者や居住者への影響を最小限に抑えます。

『Smart Cube』は新技術でありながら、重要な接続部に関しては実績のある機械式継手を採用。
従来の緊張作業が不要となったことにより、製品への負担を小さくすることが可能となりました。

『Smart Cube』は高強度コンクリートで製作されている為、S造で必要な耐火被覆工事が不要で、より優れた耐火性を持っています。
また、工場生産のため品質が安定しており、高い耐久性も併せ持っています 。

『Smart Cube』は、過酷な環境の屋根についても平板を設置するだけのシンプルな製品です。
従来のPC構造にあった、後工程、防水施工も不要であり、天候による影響も受けません。
また、トップヘビーとなる屋根版を軽量化(従来PC構造-30%) することにより、大きく耐震性能に貢献します。

SmartCubeについて詳細をご覧になりたい方は、下記PDFをダウンロードくださいませ。

●特許登録済 特許第5814400号
●一般財団法人日本建築総合試験所 建築技術性能証明 GBRC性能証明 第13-24号
●一般財団法人 ベターリビング 認定番号 BLELDU011621
●WPCES連絡協議会登録製品

一般財団法人 ベターリビング 認定番号 BLELDU011621
一般財団法人 日本建築総合試験所 建築技術性能証明 GBRC 性能証明 第13-24号